3D制作のご依頼方法を公開中です。詳しくはコチラをご覧ください。

【 GR 86新型 を検証】TOYOTA GR 86のデザインはやっぱりカッコイイ

3Dデータサンプル pix

こんにちは。MKDです。

最近、カーモデラーみたいに片寄った投稿が多くなっておりますが、それには理由があります。

当方への3Dモデリングのご依頼は、比較的簡単なものから、ものすごく高度で且つ精度を要求される案件が混在しています。最近は特に”後者”が圧倒的に多く、さらに業種・業界も様々。

自ずと、お客様のデザインを、限られた資料・時間の中でカタチにするためには、それなりのトレーニングが必要になるわけです。

そこで、自身の良きトレーニング方法になるのが、カーモデリング

カーモデリングの特長は、ディテールがとにかく複雑で分かりにくいところ。そして、途中経過が良かったとしても、全体像が見えてくると状況は一変、バランスが崩れている箇所が目立ちはじめるところ。

つまり、その工程は一歩進んで二歩以上下がる。まさに、この繰り返し。

それでもモデリングする理由は先に述べましたが、正確には具体的な意味が盛り込まれているからです。

・全体を見渡せるチカラがつく

・かなりの履歴をさかのぼって修正できる記憶力がつく。

・最後までやり遂げることができるようになり、メンタルに強くなる。

モデリングの実力はこれらを経験しなければ、なかなか身についてこないです。

業務上、スクランブル発進!のような案件も多々あります。いつでも実力100%で臨むにはこのような努力も必要なのです。※個人的にそう信じてます(^▽^)/

そして、良い訓練となるカーモデリングも、継続がとても大切です。

近年、どの3DCADソフトのモデリング手法も、それほど進化はしていません。ですので一度モデリングのルーティーンを身につければ忘れることはないと思います。しかし、一度離れると間違いなく、腕は鈍ります。(@ ̄□ ̄@;)!!

これからも、『継続は力なり』でどんどん進んでいきます。

 

では、その訓練の成果物、新型の GR 86新型 。

発売開始も近づき、エアロパーツやホイール、チューニング業界も動き始めているようですね。活気があるのは良いことです。\(^o^)/

このようなタイミングですので、モデルデータ制作のご相談も数多くいただいております。

当方も86が発売された後に慌てないように、事前のチェックを繰り返し、より精度あるデータへの準備を整え中です。

ここでは、RhinocerosとBlender 3Dモデル から新型86のデザイン検証をCAD画面も交えながら、説明しております。

最後までお付き合いください。

【チューニングカーならアリ?】躍動感はピカイチ!グリーンメタリックな86

GR86の持つイメージの一つに”スポーツカー”があります。

FRの楽しさを持つGR86。

やはり、その様がカッコ良くなければ、ハチロクの名が泣く。(´;ω;`)ウゥゥ

ならば、その様をCGで検証した画像がこちらになります。

※2021年7月17日付けでレンダリング画像を差し替えました。より良いデータをお見せしたい一心です。何卒ご了承ください。


何世代か前のヴィッツに設定されていたカラーをイメージしてみましたが、いかがでしょうか?

虫みたいですが・・・。

実際に日本で売り出されることはなさそうな色ですが、海外ではウケそうな色。

ルーフ部分をカーボンを意識したマットブラックで施してみるのも良いのでは。

ボディラインもしっかり出ていてグラマラスなオーラは出せそうです。

<補足>

GR86の情報が日々更新されていく中で、上記3Dモデルデータはそれより”ワイドボディ”にしております。

<86新型 CAD モデル>3DCAD:Rhinoceros/レンダリング: Blender

新型TOYOTA GR 86の blender レンダリングのもととなる3DCADのデータがこちらです。

実際の制作過程のCAD上で参考とさせていただいた写真は3枚!

内容は、<正面>と<>と<後ろ>。

正直、上面が欲しかったのですが・・・無いんです。どなたか撮影してませんかね~(*´∀`*)

もちろんこれだけでは、ここまでのデータはできないので、部分的なスナップ写真をいくつか確認しながら、ディテール制作の参考にしております。


【定番は健在】ボディデザインに惚れたら 暗闇で映えるレッドの GR 86新型

メディア公開されているGR86も、ほぼカラーは”レッド”

イメージカラーはレッドで決まりだと思いますが、明るいカラーでは何かしっくりこない印象。

ダークな感じが合ってそうなので、アレンジしたカラーがこちら。

toyota 86新型 blender cad

現行同様にパールかメタリックが入っていた方が良さそう。

【存在感は現行型から成長】オールブラックは TOYOTA 86 の”走り”を意識する証し<GR 86新型 >

86新型-3

ヘッドライトが可愛い目をした印象がある現行型。

でも今回のヘッドライトは、正統派でシンプル。※たぶん。

となればボディカラーをブラックにすれば、ますますクール!

(これも予想ですが・・・)ホイールもブラックなら、”オールブラック”もビシッと決まりそう。

 

以上、ボディカラーを勝手に予測して、86新型 をデザイン検証してみました。

いずれにしても、カッコいいことは、間違いなさそうです。

ちなみに最終にいたるまではもうしばらくかかりそうです。

実は現行のレンダリング画像はご覧の通り、少々”ワイドボディ”です。

詳細のディテールが確認できれば、全体のバランスのとれた本来の👍デザインになると思うのですが、その領域に行けておりません。すみません。

なので、86新型 のカッコ良さのイメージを表現したワイドボディにしたわけです。

ご了承ください。

3Dモデリングのご依頼方法は簡単です

今回のカーモデリングでは、写真をもとに3Dデータを制作しておりますが、3Dモデリングに関しては、それ以外にも様々な方法/手段があります。

クルマ以外にも様々な案件をカタチにしているMK Design Officeをよろしくお願いいたします。


プロダクトデザイン3Dデザイン/製品設計に関するご依頼方法はコチラでご紹介しております。

Digital CraftsMan & カーモデラー|MKDesignOffice