3D制作のご依頼方法を公開中です。詳しくはコチラをご覧ください。

【 3D モデリング 制作依頼】3Dデータは誰が作っても同じではない!【MKDが安心な理由】

3Dデータ
3D モデリング

3Dデータ (3Dモデリング)は誰が作っても同じではないの?


お客様
お客様

3Dモデルデータ制作の依頼を検討しています。

3Dモデリング については初心者です。はじめてのことなので教えてください。

提示する資料があっても、納品されるデータは作成者によって形状(カタチ)が違ってくるのですか?逆に作成者が違っても、CADが同じだったら誰が作っても完成体は同じになるのですか?

MK Design Office
MK Design Office

ここは気になる部分ですよね。

少し例を上げてご説明します。

極端の例ですが、プリミティブ形状(球体・円柱・円錐・ドーナツ形状など)はほとんどのCADに初めからワンコマンドで備わっていますよね。これは指示通り、またはマニュアル通りに数値を入力すれば誰が作っても同じになる形状。つまり、これと同じで、決まった段取りや入力方法で制作を進められる形状は誰がつくってもほぼ同じです。

逆に言えば、それ以外は、作成者個人やCADの仕様によって変わることがあります。

お客様
お客様

どうゆうことでしょうか?

MK Design Office
MK Design Office

詳しく説明します。

図面やお客様ご指示があったしても、解釈次第でいくつかの形状やデザインのパターンが発生する形状があります。でもこれは、資料の『ある』『無し』が問題だからではありません。

お客様がニュアンスやイメージでしか表現できない形状の場合は、受け手の解釈に依存します。それ次第で作り方が変われば、当然形状も変わってきます。

簡潔に言えば、『依頼はひとつでも、結果が複数存在する。』

お客様
お客様

依頼する側からすると、少し不安になるんですけど・・・。

結果が複数ある3Dデータに対して、希望する形状を伝えられるかどうか・・・。

MK Design Office
MK Design Office

心配ありません。

MK Design Officeは選択肢が発生するようなご依頼の場合、事前にお伝えします。

お客様は、イメージに合致した形状だけ作るも良し、選択肢すべてを作って検証するも良し。依頼者の希望をより正確に把握するためにも、こちらからのイメージのご提示を心がけております。

3D モデリング はMK Design Officeは信頼と実績 – mkdesignoffice

3D モデリング

3D モデリング をご依頼の際、事前の打ち合わせも可能です。

『イメージしか提示できない』『依頼内容を正確に伝えられるか不安』

『カタチにするアイディアが欲しい』

MK Design Officeは、お客様の不安を取り除き、安心してご依頼いただけるように対応しております。

いろいろなご相談を承ります。

Digital CraftsMan & カーモデラー|MKDesignOffice